プーアル生茶【逸神生餅(小餅茶) 】100g

カテゴリ:より効能を高める中国茶

 

 逸神生餅はミニサイズの生餅茶で、1個辺りが7g〜10gの大きさです。

 薬缶や鍋で煮出して飲まれる場合はそのまま1個、茶壺等茶器で淹れられる場合は手で半分に割ってお使い下さい。

 飲み易く美味しいので、プーアル茶が苦手という方でもこれを飲むとプーアル茶好きになるかもしれません。

 約100g(10個〜12個)アルミジップ袋入りにてお届け致します。

 
逸神生餅(小餅茶)は「生茶」のプーアル茶です

 味わいの違いをぜひお確かめ下さい。

 「苦丁茶(一葉茶)専門店」では苦丁茶(一葉茶)と一緒にブレンドして飲んで頂くのに最適な中国茶を、
 「店長お勧めのブレンド用中国茶」としてご紹介しています。

 苦丁茶(一葉茶)と一緒にブレンドして飲んで、
色々な点でお勧めの健康茶となります。

 ぜひ逸神生餅(小餅茶)を苦丁茶(一葉茶)とのブレンド用にもご利用下さい。

 ブレンド用に使用する場合は1個ですと量が多い場合もありますが、
 その際は手なりフォーク等で崩して使用してください。

 

■ プーアル茶の特色

お茶は製茶仕立ての新茶が一番美味しい、これは種類を問わずお茶を賞味する上で一般的な常識です。

ところが唯一プーアル茶は古い(熟成された茶葉)ほど美味しく価値がある、プーアル茶は製茶された時点より茶葉が生きていて、天然の麹菌の力を借りて茶葉が発酵を続けるお茶なのです。

プーアル茶の産地は中国雲南省ですが、雲南省は気候が温暖で中国大陸の中では比較的年間を通して湿度が高い地区であること、またお茶の源と呼ばれる六大茶山(攸楽・革登・倚邦・莽枝・蛮磚・慢撒)は山深く人里離れて汚染の心配も薄いと言えます。

プーアル茶は元々雲南省の喬木型の大葉種を用いて製茶されており、茶葉が肥えて肉厚、そして柔らかいのが特徴です。

■ プーアル茶の製茶方法

プーアル茶の製茶方法は、殺青(茶葉を蒸して茶葉の酵素の活性を止める)→揉捻(茶葉を手で揉むこと)→乾燥(この段階の茶葉を晒青毛茶と言う)→熟成(約45日間)→再度蒸して成形(緊圧茶)もしくは成形しない状態が散茶として製茶されます。

ここで大切な事は、この段階でプーアルは生茶(自然発酵)と熟茶(堆積発酵)に分けられる事です。

熟茶はある意味茶葉を殺してしまい、強制的に短期間で熟成する大量生産型のプーアル茶ですが、生茶は茶葉を生かした状態で年月を掛けて熟成を重ねる価値の高い、本来のプーアル茶と言えます。

現代は時間も無く安価で大量生産を望まれるので熟茶という製法が生まれましたが、本来のプーアル茶とは生茶の事であり、生茶にこそプーアル茶を飲む価値があることを「苦丁茶(一葉茶)専門店」は強くお勧め致します。

「苦丁茶(一葉茶)専門店」が販売するプーアル茶は生茶であるとご説明してきましたが、一般に販売されているプーアル茶は100%熟茶です。

茶葉が生きている「生茶」と茶葉を最初からある意味殺して製茶する「熟茶」、どちらのお茶が価値が高いか?

茶葉の死んでいる「熟茶」が果たして年月を掛けて更に熟成をするのか?

生茶の味わいは熟成を重ねる事で味わい深く香り高く、より風味と価値が増していきます。

生茶を飲まれると、プーアル茶の概念が変わってしまう事をお約束致します。

 

茶葉のみご注文の場合ですが、菊花茶・洋菊茶を含まないご注文は¥2.000以上のご注文からメール便にて送料無料でお届けが可能です。
メール便はポスト投函の配達となりますので、到着時間帯指定は不可となります。
またメール便で荷物をお送りする場合のお支払方法は、カード決済と手数料無料の払込票払い(コンビニ・郵便局・Pay-easyにて支払い可能)もしくは後払い(送金手数料お客様負担)しかご利用頂けません。
ご理解の程お願い申し上げます。

アルミジップ袋に封入してお届け致します

100g入りの袋は左の大きさ・50g入りは右の大きさ

 無料ギフトラッピングの例

透明の袋に入れて上をリボンで結び、シールを貼付

型番 7008017
在庫状況 残り20です
販売価格
1,080円(税80円)
購入数